IMGP0080

出展のテーマです。

農家へ朗報です)

東京大学で実証:「ソーラーパネル下のアシタバは慣行区より大幅増収」が確認されました。 

・東京大学実証研究の成果により、農地の上でのソーラー発電事業で農地転用が許可され、地目が農地のままでソーラー売電事業ができます。

(農地転用不許可でソーラー設置工事が出来ずお困りの農家では、アシタバ栽培により農地転用許可が得られます。)

 

・米価下落によりピンチに立たされている中山間地でも大きな収益が得られます。(中山間地ではアシタバがよく育ちます。)

 

※これにより高収益が20年間にわたり安定的に保証される売電と、高品質アシタバ収穫が同時にでき、雇用創出と農業地域経済の活性化に繋がります。

 

ソーラーシェアリングを行なう為には農地の一時転用の手続きが必要であり、農地転用が許可されないとソーラー設置ができません。許可申請には「知見を有する者の意見書」が必要です。

東京大学が行ったソーラーパネルの下でのアシタバのCO₂吸収能力実証研究データを農業委員会へ意見書として提出し、農地転用手続きを行なう事で農地転用ができます。

その為に土浦市荒川沖に「ソーラーシェアリング+新品種アシタバ」圃場を設置し、東京大学が実証研究を行ないました。その結果、ソーラーパネル下のアシタバの増収が確認されました。