ソーラーシェアリング協会の依頼により、ソーラーパネルの下での

新品種アシタバCO₂吸収能力についての実証研究を致しました。

東京大学の実証研究の成果に基づく「知見を有する者の意見書」により、

農地の一時転用申請は極めてスムーズに許可となっております。

 

新品種アシタバはソーラーシェアリングの様な半日陰による栽培の方が生育が良好で多収穫となります。かつアシタバ栽培によりパネルの下を冷やすことで発電効率をアップさせます。

 

「ソーラーシェアリング+アシタバ栽培」により売電収入とアシタバ栽培の高収益が得られ農業経済の活性化に繋がっている点について、アグリビジネス創出フェアで農水省から高い評価が得られております。(詳細は㈱農学研センターHP ソーラーシェアリング協会HPhttp://solar-sharing.org/ をご覧願います。)

 

東京大学の実証研究の成果である「知見を有する者の意見書」を利用した

農地の一時転用申請について、是非、行政書士、法務事務所様の業務にて

ご活用頂きたくご案内申し上げます。