”源生林あしたば”のカーボン・オフセットへの展開が、記者発表(3/19)されました。記事の内容は、三つに分けて掲載しました。この記事は、三番目の記事です。記事内容は、源生林あしたばカーボン・オフセットの商品概要です。

商品概要
■商品名 :       「源生林あしたばカーボン・オフセット(特定者間完結型)」
■栽培委託者 :  カーボン・オフセット協賛企業
■栽培受託者 :  NPO法人 人と自然を支えるプロジェクト
■栽培作物 :   「源生林あしたば」
■栽培面積 :   1ヘクタール(単位)
■栽培対象地:  1汎用カーボンオフセット
(3タイプから選択可能)  2遊休農地型カーボンオフセット
3山林型カーボンオフセット
■栽培可能エリア :     全国
■栽培期間 : 2011年2月末日まで
■収穫予想量 : 2009年度 50トン(1ヘクタール単位)
2010年度 50トン (1ヘクタール単位)
■CO2吸収量:        2009年度 128トン(1ヘクタール単位)
(2008年度実証に基づく推定CO2吸収量)
2010年度 128トン(1ヘクタール単位)
(2008年度実証に基づく推定CO2吸収量)
■委託金額 :         500万円  (1ヘクタール単位)
カーボン・オフセットとは
企業や個人が自らの活動に伴い排出される温室効果ガスの排出量を認識し、自主努力による削減を行い、その結果削減が困難な排出量については、他の場所で行われるCO2削減・吸収活動への投資を通じて埋め合わせをする活動です。国内では、昨年より、企業が自社の電気使用量や配送車輌からの排出、商品の製造過程からの排出などをカーボン・オフセットする事例が登場し、CSRや商品訴求力の観点から導入を検討する企業が増えています。