劇症1型糖尿病ですから、完全に破壊されたベータ細胞からは インスリンが出る筈もなく、回復は全く考えられない中で ベータ細胞が回復してきました。 この現実を受けて、ベータ細胞を破壊したマウスを使った 効果再現実証実験を開始しました。 これはヒト試験の成功が先にあり、細胞や実験動物レベルでは 効果を示すがヒトではその再現がとれないという頻繁にあるケースとは 全く異なります。 さらに経過診断や、劇症1型糖尿病に対する効果等を検証する 計画があります。  並行して、どの様な物質が劇症1型糖尿病に効果があったのかを探る 効果物質特定の研究が行われます。

img011

img012

img013