1)和地 義隆(農学研センター;オウナー)ハンガリーのセゲド大学から招待され、ウエルマンオスカー国際学会で、新品種アシタバを基調とした、講演発表を行いました。
2)セゲド大学の学会のテーマは、[Agriculture and Countryside in Our Changing World]です。
3)欧州各国でも、源生林あしたばに強い興味を示していました。
4)学会の発表状況のスナップ2枚添付しました。

o0640048010189804431

o0480064010189804692