東京電力福島第一原子力発電所事故により放出された
放射性物質による放射線、活性酸素への対応

(記)

放射線とは粒子線のことで、シーベルトで表わします。
放射能とは放射線を出す能力のことで、ベクレルで表わします。
放射性物質とは放射線を出す物質のことです。放射性物質が放射線を出し、
その放射性物質の強さが放射能です。

体内被曝をすると放射線は体内の細胞に作用し、大量の活性酸素を作り出し、
これがガンの発生原因となります。

健康被害をもたらす活性酸素を取り除く為、「抗酸化物質」を取り入れることで、
放射線により体内に発生した活性酸素の害を軽減することができます。

植物が自分の体を守るために自ら合成した抗酸化物質は、人間が摂取した場合でも
人間の体内で抗酸化力を発揮することができます。

その中でも代表的な物の一つにフラボノイドが有り、カルコン化合物(キサントアンゲロールと
4‐ヒドロキシデリシン)を大量に含有する源生林あしたばは抗酸化作用のある食物として有名です。
源生林あしたばは日本全国どこでも栽培可能で一年中供給されておりますので、
最も有効な活性酸素対応の食品です。

源生林あしたばを食することにより体内被曝により発生した活性酸素を取り除くことができ、
ガン発生等の健康被害のリスクを低減します。