新品種「源生林あしたば」について

    株式会社農学研センター
    品種育成者 和地 義隆

    「源生林あしたば」は明日葉の新品種として世界で唯一の登録済み品種です。
    (種苗法による品種登録:理恵第14641号)

    元来、明日葉は古く江戸時代から伊豆諸島を中心に食用あるいは民間薬として使われてきた植物です。

    明日葉に含まれる黄色い物質(カルコン化合物…キサントアンゲロールと4-ヒドロキシデリシン)には、制ガン作用、抗潰瘍作用、抗血栓作用、抗菌作用、抗エイズ作用等いろいろな効果があることが解っています。また最近ではクマリン類にアルツハイマー型認知症の予防と治療効果があることが学術的成果として公表されています。

    さらに「源生林あしたば」には同等以上の薬効も期待されており、「源生林あしたば」はこれからの野菜として、注目を浴びています。
    そして「源生林あしたば」は栄養的にも抜群の内容をもっており、薬草としての評価も高い野菜です。

    ashitaba_seibunn

    ※源生林あしたばは日本食品分析センターの分析結果より
    (H.P.http://www1.ocn.ne.jp/~nichinou で分析結果を公表)
    その他の野菜は科学技術庁「五訂日本食品成分表」による

    image004

    雪に覆われた「源生林あしたば」の新芽

    「源生林あしたば」は従来の明日葉と比べて、美味で耐寒性及び越冬性に優れている事が品種特性です。耐寒性、越冬性については、北海道斜里や岩手県葛巻、富山県においても、生育、越冬を実証しております。

    耐寒性、越冬性が有ることにより、どこでも栽培できますので、従来の明日葉のように伊豆限定される栽培と異なり、各地で大量に生産することが出来、野菜ばかりか加工品や飼料用にと、ビジネスのエリア、スケールが全く違う明日葉の新品種です。

    新品種「源生林あしたば」についての詳しい資料は、以下よりダウンロード出来ます。

    新品種「源生林あしたば」について ←クリックでダウンロードされます。
    新品種「源生林あしたば」について
    平成20年12月2日記者会見発表内容 株式会社農学研センター
    品種育成者 和地 義隆

    あしたばのCO2吸収能力 ←クリックでダウンロードされます。
    新品種「源生林あしたば」の二酸化炭素吸収能力について
    平成20年12月2日記者会見発表内容
    浦野 豊 博士(農学・東京大学) 東京大学大学院農学生命科学研究科

    プレゼンテーション資料 ←クリックでダウンロードされます。